時代と共に変わる

ビジネスマナー

の新常識をガイドします。
ビジネスマナー常識ガイドHOME
ビジネスマナー常識ガイドHOME >

ビジネス名言集 三木谷浩史の名言

 ビジネス名言集
ビジネスに携わる者にとって、ビジネスの大先輩である経営トップの言葉から、その成功のエッセンスを吸収することは大切なことです。
ビジネス名言集では、名経営者といわれるリーダーの中でも特に個性あふれる人物の名言を集めてみました。
あなたのビジネス、さらに、これからの人生のお役に立てれば幸いです。
■本田宗一郎の名言 ■孫正義の名言 ■三木谷浩史の名言
■柳井正の名言 ■盛田昭夫の名言 ■松下幸之助の名言
 ■三木谷浩史の名言
・夢こそが社会を前進させる燃料なのだ。 三木谷浩史のプロフィール


一橋大学商学部卒業


株式会社日本興業銀行での勤務経験を経て、ハーバード大学に留学して、経営大学院修士号(MBA)を取得。1996年株式会社クリムゾングループ代表取締役社長 に就任する(現任)。
翌年、株式会社楽天を設立、代表取締役社長に就任。
・目標のない組織がダメなのは、そこに達成する喜びがないからだ。
・大雑把に考えて、一日の70%は無駄なことをしていると、思った方がいいくらい、人は無駄なことをしている。
・大事なのは、現実を直視すること。つまずいたら出直せばいい。そういうダイナミズムがなければ、この時代は生き抜いていけない、と僕は思う。
・大事なのは、現実を直視すること。つまずいたら出直せばいい。そういうダイナミズムがなければ、この時代は生き抜いていけない、と僕は思う。
・ビジネスは試験と違って、問題に対する正解は用意されていない。
・僕が起業したのは、大きなことを成し遂げたかったからだけど、その大きなことを成し遂げるためにはお金はなくてはならないものだ。
・不調なときでも、成功している人(部署)を探し、分析せよ。
・竹に節目があるのは大きく成長するためだ。企業にもそういう節目を作るべきときがある。
・生きている限り、人は夢を胸に抱き続けるべきなのだ。
・世間の表面的な流行を追いかけても、本当の意味で良いアイデアは浮かばない。
・人間的なサービスこそが、インターネットビジネスの鍵だと考えている。
・情報の流れによって国境はなし崩しに消えさっていく。
・常識で考えることが、いかに不合理かを肝に銘じよう。常識とは多数派の理論にすぎない。
・常にChallenge Spiritを忘れるな。ベンチャーとは冒険であり、挑戦である。
・自分がやらなければ、この会社は潰れる。そのくらいの危機感を持って、仕事に臨むべきだ。
・「本当にその方法論が効率的なのか、それが必要なのか」いつもそのことを考え続ける姿勢が必要なのだ。
・インターネットの本質的な機能は、人類の知識と情報を連結することにある。
・自信はむしろ仕事がうまくいかないときにこそ発揮すべきものだ。
・企業が老化するというのは、このリソースアロケーションが、ある種のルーティーン化してしまうということと関係があるような気がしてならないのだ。
・パンドラの箱の底に、希望という名の妖精が隠れていたように、希望の種は必ずどこかにあるものなのだ。
 ビジネスマナー
新時代のマナー
身だしなみ
服装のマナー
職場のルール
話し方と動作
接客
他社訪問
席次
電話
携帯電話
電子メール
冠婚葬祭ー慶事
冠婚葬祭ー弔事
冠婚葬祭ー贈り物
パーティ・宴会
食事のマナー
ビジネス文書
ビジネス名言集
本田宗一郎の名言
孫正義の名言
三木谷浩史の名言
柳井正の名言
盛田昭夫の名言
松下幸之助の名言
 ビジネス用語集
あ 行
か 行
さ 行
た 行
な 行
は 行
ま 行
や 行
ら 行
わ 行
アルファベット
 転職ミニガイド
転職の手順
ネットで転職情報
転職サイトの活用
 INFORMATION
サイトについて
お問い合わせ
Copyright(c) ビジネスマナー常識ガイド All rights reserved