時代と共に変わる ビジネスマナー の新常識をガイドします。
ビジネスマナー常識ガイドHOME
ビジネスマナー常識ガイドHOME > 冠婚葬祭ー弔事 >

葬儀・告別式

当サイトでは、ビジネスマナーやビジネス用語の知識を、さまざまなビジネスシーンで使えるよう、わかりやすく解説しています。
新しいマナーと従来からのマナー、社内外のコミュニケーションの仕方から冠婚葬祭まで、必ず必要とされるビジネスマナーを幅広く紹介しています。ビジネス用語集では、基本的なビジネス用語から新しいキーワードまで、新常識としての用語を解説しています。新社会人だけでなく、ビジネス経験が豊富なマネジャーやトップの方々も、今日の時代に見合ったマナーとビジネス用語を、どうぞお役立てください。

 ■葬儀・告別式

・服装
男性は喪服か、ブラックスーツ、ダークズーツが一般的です。黒でなくても地味な色のスーツに白のシャツ、黒無地のネクタイをします。
女性の服装は、黒でなくても地味な色の洋服でかまいません。アクセサリーはパールのネックレス程度にします。派手な指輪ははずしますが、結婚指輪などはつけたままでよいとされています。バッグ、靴などの小物は黒か地味な色の物を用います。赤いマニキュア、真っ赤な口紅などは控えます。
弔辞を読む場合は、男性も女性も喪服を着用します。


・記帳
受付で会葬者芳名帳に、会社名、所属部署名、氏名を記入します。代理で参列する場合には、本来出席するはずだった人の氏名を書き、その下に「(代理)」と書き添えます。


・香典
香典は、霊前に供えるお香や供物、供花の代用でしたが、現在では葬儀費用の扶助の意味からも、お金を包む香典を供えるのが一般的になっています。
香典はふくさに包み、受付でふくさから出して、先方から見て正面になるようにして渡します。霊前に香典を供える場合には、表書きを手前に向けて供えます。香典袋の表書きなどは薄墨で書きます。


・供物
供物を供える場合は、白い生花や故人の好きだった酒、果物がよいでしょう。また、花輪などは通夜または葬儀の始まる前に届くように手配します。


・焼香
仏式の葬儀の場合は、霊前にお線香を上げたり、焼香をします。焼香は参列者がお香を炊いて死者の霊を慰めるためのものです。焼香の回数は、宗教・宗派によって一、二、三回と異なりますが、大勢の人が会葬しているときは一回でも失礼にはなりません。
 ビジネスマナー
新時代のマナー
身だしなみ
服装のマナー
職場のルール
話し方と動作
接客
他社訪問
席次
電話
携帯電話
電子メール
冠婚葬祭ー慶事
冠婚葬祭ー弔事
冠婚葬祭ー贈り物
パーティ・宴会
食事のマナー
ビジネス文書
 ビジネス用語集
あ 行
か 行
さ 行
た 行
な 行
は 行
ま 行
や 行
ら 行
わ 行
アルファベット
 転職ミニガイド
転職の手順
ネットで転職情報
転職サイトの活用
 INFORMATION
サイトについて
お問い合わせ
Copyright(c) ビジネスマナー常識ガイド All rights reserved