時代と共に変わる ビジネスマナー の新常識をガイドします。
ビジネスマナー常識ガイドHOME
ビジネスマナー常識ガイドHOME > 冠婚葬祭ー慶事 >

取引先の慶事

当サイトでは、ビジネスマナーやビジネス用語の知識を、さまざまなビジネスシーンで使えるよう、わかりやすく解説しています。
新しいマナーと従来からのマナー、社内外のコミュニケーションの仕方から冠婚葬祭まで、必ず必要とされるビジネスマナーを幅広く紹介しています。ビジネス用語集では、基本的なビジネス用語から新しいキーワードまで、新常識としての用語を解説しています。新社会人だけでなく、ビジネス経験が豊富なマネジャーやトップの方々も、今日の時代に見合ったマナーとビジネス用語を、どうぞお役立てください。

 ■取引先の慶事

取引先の会社のお祝い事や行事に参加する場合のマナーについて考えて見ましょう。
会社のお祝い事や行事としては、経営幹部社員の就任披露、会社の周年記念式典、新社屋落成、開店祝い、新製品発表会、創業記念式典、新年の賀詞交換会などが挙げられます。


・出席について
よく「出席は遅めに、退席は早めに」などといわれます。あまり早々と会場へ行く必要はありませんが、式典やパーティーでは主催者の挨拶がありますから、それに間に合うように会場に着いている必要があります。会費は受付で支払いますが、出席と答えておいてやむを得ず欠席となった場合にも会費は支払うようにします。


・服装
行事の性格で服装も異なります。たとえば、社長就任披露などの場合はダークスーツなどの略礼服がふさわしいし、新製品発表などのビジネス要素の強い場合は平服でもよいでしょう。


・パーティーでは
多くの料理が用意されていると思いますが、他の人の邪魔にならないよう、また料理を取る人の流れに逆行しないように、手早く取ります。パーティーは、出席者同士で交歓するのも大切な目的のひとつなので、知っている人だけで固まらずに、他の参会者と挨拶します。そのためにも名刺を切らすことのないよう、十分な枚数を用意しておます。


・退出するとき
会場の動きを見ていると、潮が引くように参加者が帰り始めるタイミングがあります。その流れに乗ってそばにいる主催者側の人々にお招きの礼を述べて退出します。それ以前に自分の用事で早めに退出するときは、招待のお礼を述べ、早めの退出を詫びて目立たぬように退出します。あまり最後までとどまるのは、時として主催者に対して迷惑になります。
 ビジネスマナー
新時代のマナー
身だしなみ
服装のマナー
職場のルール
話し方と動作
接客
他社訪問
席次
電話
携帯電話
電子メール
冠婚葬祭ー慶事
冠婚葬祭ー弔事
冠婚葬祭ー贈り物
パーティ・宴会
食事のマナー
ビジネス文書
 ビジネス用語集
あ 行
か 行
さ 行
た 行
な 行
は 行
ま 行
や 行
ら 行
わ 行
アルファベット
 転職ミニガイド
転職の手順
ネットで転職情報
転職サイトの活用
 INFORMATION
サイトについて
お問い合わせ
Copyright(c) ビジネスマナー常識ガイド All rights reserved