時代と共に変わる ビジネスマナー の新常識をガイドします。
ビジネスマナー常識ガイドHOME
ビジネスマナー常識ガイドHOME > 電子メールのマナー >

返信メール

当サイトでは、ビジネスマナーやビジネス用語の知識を、さまざまなビジネスシーンで使えるよう、わかりやすく解説しています。
新しいマナーと従来からのマナー、社内外のコミュニケーションの仕方から冠婚葬祭まで、必ず必要とされるビジネスマナーを幅広く紹介しています。ビジネス用語集では、基本的なビジネス用語から新しいキーワードまで、新常識としての用語を解説しています。新社会人だけでなく、ビジネス経験が豊富なマネジャーやトップの方々も、今日の時代に見合ったマナーとビジネス用語を、どうぞお役立てください。

 ■返信メール

受信メールの引用は最小限に 
受け取ったメールに返事を書く場合、元のメールの一部を引用して返事を書く場合と、元の文章をすべて残して返事を書く場合があります。ほとんどのメールソフトでは、受け取ったメールに返信するとその文面にあらかじめ相手の文章が「 > 」というマークで引用されます。全部を残しておくと、どのメールヘの返信なのか確認することができます。
しかし、返信メールに自分が送ったメールがすべて付いてくるのは、あまりよい気持ちがしない場合もあります。こうしたときは、必要な部分だけを自分のメールの中に取り込み(引用文には「>」などをつける)、次の行から自分の返事や意見などを書いていきます。


メールのタイトルについては、返信すればタイトルの手前に「Re;」という符号が付きます。これは「返信ですよ」という意味ですが、簡単なメッセージなら何に対する返信なのかをわかりやすくなりますが、この状態でお互いに返信しつづけるより、本文の内容に合わせて書き換えれば丁寧な応対となります。
 ビジネスマナー
新時代のマナー
身だしなみ
服装のマナー
職場のルール
話し方と動作
接客
他社訪問
席次
電話
携帯電話
電子メール
冠婚葬祭ー慶事
冠婚葬祭ー弔事
冠婚葬祭ー贈り物
パーティ・宴会
食事のマナー
ビジネス文書
 ビジネス用語集
あ 行
か 行
さ 行
た 行
な 行
は 行
ま 行
や 行
ら 行
わ 行
アルファベット
 転職ミニガイド
転職の手順
ネットで転職情報
転職サイトの活用
 INFORMATION
サイトについて
お問い合わせ
Copyright(c) ビジネスマナー常識ガイド All rights reserved