時代と共に変わる ビジネスマナー の新常識をガイドします。
ビジネスマナー常識ガイドHOME
ビジネスマナー常識ガイドHOME > 携帯電話のマナー >

携帯メール

当サイトでは、ビジネスマナーやビジネス用語の知識を、さまざまなビジネスシーンで使えるよう、わかりやすく解説しています。
新しいマナーと従来からのマナー、社内外のコミュニケーションの仕方から冠婚葬祭まで、必ず必要とされるビジネスマナーを幅広く紹介しています。ビジネス用語集では、基本的なビジネス用語から新しいキーワードまで、新常識としての用語を解説しています。新社会人だけでなく、ビジネス経験が豊富なマネジャーやトップの方々も、今日の時代に見合ったマナーとビジネス用語を、どうぞお役立てください。

 ■携帯メール

携帯メールを使うときの注意点
携帯メールは、提供会社によってそれぞれに文字数の制限が決まっています。文字数オバーに注意し確実に要件を伝えましょう。メールの署名に携帯電話のメールアドレスを付記する場合、何文字まで受信できるか明記しておくと相手にも役立ちます。
また、差出人の欄にはアドレスしか表示されないため、誰からのメールかわからないことが多いので、必ず冒頭で自分の名前を名乗ります。


メール受信時にも文字数に応じて課金されるので、長いメールは相手に迷惑になります。用件のみを簡潔に百字以内にまとめるとよいでしょう。


携帯電話でメールを書くときは、途中に改行を入れずに書く傾向があります。3行おきくらい(24〜36字程度)の文章の区切りのいいところで改行を入れると、パソコンでは読みやすくなります。
パソコンのメールではしばしば改行を入れ、段落ごとに一行空けるのが読みやすいとされていますが、携帯電話の画面では中途半端な場所に改行が入り、読みにくくなりますし、文字数も増えてしまいます。携帯電話では画面の横幅に合わせて自動的に文章が折り返されますので、むしろ改行を入れないほうが読みやすいメールになります。
 ビジネスマナー
新時代のマナー
身だしなみ
服装のマナー
職場のルール
話し方と動作
接客
他社訪問
席次
電話
携帯電話
電子メール
冠婚葬祭ー慶事
冠婚葬祭ー弔事
冠婚葬祭ー贈り物
パーティ・宴会
食事のマナー
ビジネス文書
 ビジネス用語集
あ 行
か 行
さ 行
た 行
な 行
は 行
ま 行
や 行
ら 行
わ 行
アルファベット
 転職ミニガイド
転職の手順
ネットで転職情報
転職サイトの活用
 INFORMATION
サイトについて
お問い合わせ
Copyright(c) ビジネスマナー常識ガイド All rights reserved